先進理工ラボリーダー

先進理工の「顔(Lab Leader)」。目線は世界へ
  • LAB AAA
    光子数量子非破壊測定
    研究内容
    既存の光子数測定は光子を電子に変換する破壊的な測定であるため、一度測定した光子を再度利用することはできません。しかし、被測定光の光子数と一対一に対応する情報を間接的に取得することで、被測定光子を破壊することなくその数を測定することができます。そのような測定を光子数量子非破壊測定といい、決定論的な光子数状態の生成や高効率かつ光子数分解能を持つ光検出器など量子情報処理への応用が期待されています。
    研究室紹介
    理学と工学を融合し光の量子性を探求
    青木研究室は、光の量子性を探究する「量子光学」と呼ばれる分野の実験を行う研究室です。微小光デバイスを用いてサブ波長程度の微小な空間に光を閉じ込めることにより、非常に小さなエネルギーを持つ光の量子(光子)に起因する様々な現象を顕在化させることができます。本研究室では、新しい微小光デバイスを開発すること(工学)により、まだ誰も見たことのない「量子光学」の現象の観測・制御(理学)を目指しています。
    ラボリーダーとして
    「任せる」技術を磨く
    青木研究室は今年度19名の学生が所属する大所帯であり、がむしゃらに研究に励んできた私も多くの後輩を抱えるようになりました。研究室全体として効率よく研究を進めるためには、彼ら彼女らとビジョン・技術・知識を共有することが必要です。そのためには、短期的には遠回りでも後輩たちに仕事を任せることが重要と感じております。適切に支援することで周囲とともに成長し、インパクトのある成果を出せる研究者を目指します。
    自己PR
    ブラックボックスを解き明かす
    高度な実験では、実験系を隅から隅まで理解し予期せぬトラブルにも柔軟に対応することが求められます。そのためには、実験装置をブラックボックスのままにしておくのではなく個々の原理を理解することが重要です。そこで私はブラックボックスを排除するべく個々の技術・作業を文章化し周囲と共有することを意識しています。この意識を強く持ち続けることで、この世の物理に潜む無数のブラックボックスを解き明かしていきたいです。
  • AAA
    インコヒーレント光を用いたシングルショット
    デジタルホログラフィーによる動的物体の記録
    研究内容
    デジタルホログラフィーとは,物体の三次元形状の情報を含んだ波面と,基準となる既知の波面を干渉させたときに出来る干渉縞の画像を記録し,その干渉パターンから数値計算によって元の物体の三次元像を復元するデジタルイメージング技術です。私は動的物体の記録が困難である従来手法の制約を克服したシングルショット型の研究,また自然光のようなインコヒーレントな光源を用いてより応用範囲を広げるための研究を行っています。
    研究室紹介
    新しいイメージング技術をつくる
    小松研究室はコンピューターと光学系を融合させて新しいイメージング技術をつくる,コンピュテーショナルイメージングの視点で幅広く光についての研究に取り組んでいます。現在は波面コード化法を用いた被写界深度拡大や,三次元像の記録再生を行うデジタルホログラフィーを主な研究テーマとしています。各々が時間を自由に使って研究することでき,興味を持ったテーマについて自らとことん取り組んでいく姿勢を大切にしています。
    ラボリーダーとして
    光学のあらゆる分野に幅広く精通したい
    研究室の代表として,全員の研究が円滑に進められるように研究室全体を上手く統括していくことを心がけていきます。また,自分の研究テーマだけでなく,光学に関する他の研究テーマの知識も身につけ,多角的な視点で他のメンバーと研究に関する意見を交わせるようになりたいと思っています。光学に関するあらゆる分野の知識を活かし,大きな研究成果をあげられるよう努めていきます。
    自己PR
    「光」をもっと知りたい
    光学の研究に携わる中で特に感じたことは,「光をもっと知りたい」ということでした。私の研究テーマは三次元像の記録・再生ですが,その原理をいくら学んでいても,そもそも光という物質がどんな物であるかを知らなければそれ以上の新しい発見は生まれないと感じ,光そのものに興味を持つようになりました。光をより上手に操るためにも,「光」への理解を深めることを一番にして,これからも研究に取り組みたいと考えています。
  • LAB AAA
    半導体材料中における超高速現象の解明とその応用
    研究内容
    私達の研究室は半導体中の超高速現象の解明とその応用をテーマに、レーザーを使った光学測定による研究をしています。これまでの半導体デバイスは電子の「電荷」の制御のみによるものですが、私達は電子の「スピン」に注目しています。「電荷」と「スピン」を同時に制御出来れば、その情報処理能力は格段に上がります。スピンとスピン緩和メカニズムを解明し、スピン制御に繋げることを目的に、私達は実験に取り組んでいます。
    研究室紹介
    半導体の量子構造中の物理を探る
    私達の研究室ではスピントロニクスの研究を行っており、スピンの超高速現象を超短パルスレーザー等を用いた時間分解測定によって観測しています。量子ドットや量子井戸など量子構造を持つ半導体をはじめ、多様な半導体材料系について幅広く実験を行い研究を進めています。少人数制の研究室なので、学生各々が研究のコアの部分に携わることができ、学会や論文発表を目指して研究に取り組んでおります。
    ラボリーダーとして
    実験を効率よくかつ丁寧に
    私達の研究室は2つの班に分かれて研究を行なっています。実験は班ごとに隔週で共同の装置を使用しており、一方の班が実験、もう一方の班は前週の実験の解析を行い、研究を積み重ねています。滞りなく実験の進行が出来るように、常に実験における問題の改善を考えています。また来年以降も研究がスムーズにいくように、後輩育成にも取り組み研究室全体の実験技術向上を目指していきたいです。
    自己PR
    責任感を持って行動する
    ラボリーダーとして責任感を持って実験や仕事に取り組んで行きます。班の責任者として、実験の計画、実施、報告や改善といった、実験に関することを主体的に行うことは非常に重要です。研究室生活を通して、一人の研究者として知識を深め、経験を積むことで自身の成長に還元していきたいです。社会に出た後も責任感を持って何事にも全力を尽くしていきたいです。
  • LAB AAA
    高速・高精度光変調技術に関する研究
    研究内容
    LN(ニオブ酸リチウム)をベースにした光変調器は他の光変調器に比べて高精度な変調(電気信号を光信号に変換)が可能なことから光通信基幹網などの実フィールドで利用されています。一方で、そのようなLN変調器であっても、入力した信号に対して出力する信号が少し劣化するという課題があります。我々は究極的に高精度な光変調を実現するべく研究を行っています。
    研究室紹介
    次世代の光通信ネットワークを担う
    中島研究室では、次世代の光通信ネットワークで使用される素子や伝送技術を主な研究対象としています。具体的なテーマは多岐に渡り、一例として強誘電体材料による光変調器や光波長変換器、光符号/復号化による伝送技術など、いずれの分野においても優れた研究成果を残してきました。また、光シミュレーション技術や半導体加工技術を駆使した、光バイオセンサや光・電子回路集積などの異種分野でも活発的に研究を行っています。
    ラボリーダーとして
    これから一緒に共同研究を行う皆様へ
    今年度、中島研究室は19名の学生(うち2名博士)が5班に分かれて研究を行っています。各班ごとで共同研究社をもっていて、それぞれのテーマでデバイス作成・評価をを行っています。研究室内でも実験系を持ち、補足的な実験を行うことができます。また定期的にそれぞれの班が集まり、研究室内でのゼミも行っています。
    自己PR
    国際研究グループの皆様へ
    私はメキシコシティ出身で、国際プログラムで修士を卒業して、現在は早稲田大学で博士課程にあります。多国籍な経験によって、様々な文化圏の考え方を教わりました。これらの経験を生かして、日本のマインドセットでチームメンバーとうまく向き合いつつ、国際的な視点でチームをよりよくしたいと考えています。
  • LAB AAA
    パラメータ未知の倒立振子の適応バランス制御
    研究内容
    一般的なロボットの運動制御では、制御対象の形状や重量などが既知の元、制御値を決定して制御を行います。しかし、制御値が決定された後に、制御対象の形状や重量などが変化して当初のモデルと大きな差が生じるとロボット動作に不具合が生じます。そこで私はロボットの動作状態と制御値の関係をニューラルネットワークに学習させることで、パラメータが未知のロボットの制御値をリアルタイムに調整する研究を行っています。
    研究室紹介
    人間と機械の新しい関係を築く
    知性と感性を備えた能動的な思考機能の解明とその具現化のためには、マルチメディア情報に関する分野だけでなく、自然言語、認知科学、人工知能など、工学を超えて心理学、社会科学を含む、人間に関する分野を統合した視点から探究されなければなりません。このような背景のもと、本研究室では音楽・マルチメディア、画像情報工学、メタ・アルゴリズム、ロボット、ケミカルロボティックスの5グループが研究活動を行っています。
    ラボリーダーとして
    強い自律性を強いチーム力に
    我々の研究室では、個々が異なるテーマを持って研究をしている事もあり、それぞれが非常に高い自律性を持っています。そうした自律性を持った面々をまとめ、一つの強いチームにする事が私の目標です。研究内容は違えども協力できる所は協力し合い、互いに高め合っていける様な研究室を目指し、意見交換など積極的に出来る場を設けていきたいと考えています。
    自己PR
    幅広い学び
    私は物理学を専攻していましたが、研究でロボットの開発をしている事もあり、研究室配属後は機械、電気、情報など様々な分野での実践的な知識や技術の習得を行ってきました。これらは大変な事では有りましたが、非常に幅広い能力を身に付ける事が出来ました。橋本研究室は、こうした学びが得られる環境であると感じています。今後の研究生活においても、より多くの学びを得て自身の力としていきたいと考えています。
  • LAB AAA
    顔写真から三次元顔形状復元を行う研究
    研究内容
    同一光源下にあるとき,顔の局所領域の陰影のつき方と,その表面の法線情報との間には密接な相関関係が存在すると考えることで,入力顔画像とデータベース間で,局所領域の陰影のつき方の対応をとることで,表面の法線情報を推定し三次元顔形状復元を行いました.本研究では,パッチ単位でデータドリブンな形状推定を行うため,顔のような半透明隊に対しても特別な仮定を行わずに高精度な復元を実現しました.
    研究室紹介
    熱い心と高い志を持った研究者たち
    私の所属する森島研究室では画像情報処理を研究しています。研究室には、音やエンターテイメントを研究する班やCG班,人物の顔を復元、認識に取り組む班、ダンス班、アニメ班といった様々な班が存在します。メンバーは一人一テーマ持っており、週に一回行うミーティングで熱い議論を交わしています。国内外のトップカンファレンスに採択されることを目標とし、日々全力で研究に取り組んでいます。
    ラボリーダーとして
    研究に打ち込めるような雰囲気作り
    研究室のメンバーが研究生活を円滑に過ごせるようサポートしていきたいと考えています。各自の研究成果を発信していくためのサポートやゼミの日程管理、研究に必要な備品の管理などを行い、不自由なく研究できるような環境を目指します。また、自身が研究に積極的に取り組む姿勢や熱意を示すことで、皆のモチベーションを高めていきたいと考えています。皆が世界に通用する研究成果を出せるよう全力でサポートしていきます。
    自己PR
    点滴穿石
    目標を達成するための努力なら負けません。例えば、学部時代から必ず国際学会に行くという大きな目標を掲げましたが、チャレンジした国内学会では悔しい思いをしました。しかし、その悔しさをバネに研究内容から論文の書き方までを一から見つめ直し、納得のいく結果が得られるまでひたすら努力しました。その結果、研究成果が国内外の学会で採択され、発表を重ねてきました。これからも結果にこだわって研究を進めていきたいです。
  • LAB AAA
    アクチンフィラメントの構造変化と
    その機能制御メカニズムの解明
    研究内容
    「アクチン」というタンパク質は、筋肉運動を司る主な構成要素ですが、他にも生物の動きに関わる機能を多く持っています。このアクチンの多機能性を制御するメカニズムとして、アクチン自体の物理的な構造変化が重要であることが示唆されています。私は、このアクチンの構造変化のメカニズムと機能の制御を解明することを目的に、変異アクチンを用いた遺伝学的や生化学の手法を用いて研究しています。
    研究室紹介
    生命の「動き」を探る
    当研究室では生命における「運動」に着目し、アクチン・ミオシンといった生体分子や細胞自身が動くメカニズムを解明するために、生化学や細胞生物学等の手法を取り入れた実験生物物理学的な研究を行っています。各学生がそれぞれ独創的なテーマを持って研究を進め、研究室内では和やかな雰囲気でありながら週一回のゼミや普段の活動でさかんに議論が交わされています。
    ラボリーダーとして
    研究室の最上級学生として
    以前は学生のほとんどいない研究室におり、後輩の指導には不慣れではありましたが、ラボリーダーということを意識して新しく入ってくる学生の指導を行い、研究室内の円滑なコミュニケーションを図っていきたいと思います。その上で得られる様々な経験を自分自身へフィードバックしてよりよい研究生活を送ることができるよう心掛けていきます。
    自己PR
    多角的な視点を持って
    私は他大学の生物学分野で修士の学位を取得し、本大学の物理学専攻に入学しました。生命現象、特に生物の「動き」を理解する上では生物学・化学のみならず物理学的な視点も合わせて研究を進めていくことが重要です。そこで、本専攻を通じて多角的な視点を獲得し研究活動に活かすと共に、自身の持つ生物学の背景を物理学部で育った学生たちに伝えていきたいと考えています。
  • AAA
    免疫細胞の判断・応答制御機構の解明
    研究内容
    マクロファージは①自他認識機能②異物排除機能をあわせもつ免疫細胞です。現在、複数の異物を時系列で順次接触させる実験により、複数の並列した競合入力(刺激)情報に対する細胞の応答解析とモデルによる考察を進めています。この研究で細胞の判断・応答制御機構を明らかにし、最終的に自他認識・異物排除機能を自在にプログラムした人工免疫細胞を作り、従来の薬物や手術による手法では困難であった病の完治を目指しています。
    研究室紹介
    生命システムの後天的獲得情報の理解
    安田研では「細胞集団からなる生命システムが後天的に獲得する情報の理解」を大きなテーマに据えています。生命活動中に獲得した情報がどのように保持され、更新されるかという生命科学の最新のテーマを物理学の考え方と技術手法を駆使することによって明らかにしようとしています。具体的には神経細胞・心筋細胞ネットワークの集団効果、転移がん集団の表現型転換、免疫細胞の判断機構、血管新生の機構などに焦点をあてています。
    ラボリーダーとして
    自由闊達な議論を生む雰囲気づくり
    安田研は東京医科歯科大より早稲田に移って2年目の研究室です。まだまだ立ち上げ期ではありますが、現在の学生メンバーは皆が一人一人個別のテーマを持ちながら、仲良く野心的かつ精力的に研究しています。そんなメンバーみんなが安田研での研究生活を通じて、その後の人生において大きな知の財産を作れるよう積極的にコミュニケーションをとり、自由闊達な議論を生む、アカデミックな良い雰囲気を作っていきたいです。
    自己PR
    研究を楽しむ
    私はもともと考古学に興味があり、少年時代はツタンカーメンの墓を発掘したハワード・カーターの伝記が愛読書でした。年を経て、その興味は生命科学、そして物理学と移り、現在はその2つの学際領域である生物物理の研究をしています。さまざまなことに興味を覚える好奇心の高さが私の長所だと感じます。現在の恵まれた研究環境に感謝の心を忘れずに生物物理ならではユニークな研究成果を残せればと思います。
  • LAB AAA
    分子動力学計算によるFo分子モーターの
    回転ブラウン運動解析
    研究内容
    Fo分子モーターは、回転する分子機械です。「機械」という言葉は、決定論的に動くと思わせます。しかし、分子機械はその小ささゆえに熱揺らぎの影響を大きく受け、むしろ確率的に動くと考えられています。実際に、Fo分子モーターでは熱揺らぎを利用し、非平衡条件下で一方向的な回転をするモデルが示唆されています。そこで、我々は計算機シミュレーションを用い、原子レベルの観測でFo分子モーターの回転機構を解明します。
    研究室紹介
    計算機実験による“分子機械”の解明
    蛋白質とは、生物がその機能を発揮できる最小単位の構造物と言えます。1分子で機能する、この巧妙に設計された蛋白質は、それ故“分子機械”とも呼ばれ、非常に効率の良いエネルギー変換マシンです。我々の研究室では計算機実験(コンピュータ・シミュレーション)という手法により、蛋白質の「構造・ダイナミクス・エネルギー」の同時観察を行い、物理の立場から“分子機械”の動作原理の解明を行っています。
    ラボリーダーとして
    木を見て森も見る
    研究対象を詳細に理解することは大事です。しかし、細部に気を取られ「木を見て森を見ず」になっては意味がありません。そこで高野研究室では、自身の研究がサイエンス全体の中でどのような位置付けにあるのかを理解する「木を見て森も見る」姿勢こそが重要だと考えています。これは研究に限った話ではありません。私は研究室のメンバー一人一人とのコミュニケーションを大事にし、それでいて研究室全体を俯瞰できるよう努めます。
    自己PR
    続ける大切さ
    研究では、自分の試みが成功することもあれば、失敗することもあります。努力がすぐに結果に結びつくとは限りませんが、何も行動しなければ前進することはありません。だから私は、どんな時でもコンスタントに続けていくことを意識しています。日々の積み重ねが、この先の成功につながることを信じて、一歩でも半歩でも前進できるように、努力しています。
  • LAB AAA
    Ba(1-x)Sr(x)V13O18 の純良単結晶作製と異常物性
    研究内容
    電場や磁場などの外場や温度によって電子状態が変化し,興味深い物性を示すことから,遷移金属酸化物をはじめとする強相関電子系は注目されています。私は Ba(1-x)Sr(x)V13O18 という物質の物性を調べています。この物質では,温度変化によって電荷や軌道の秩序が変化する相転移が起こり,電場や磁場に対する応答に異常が現れます。単結晶試料を作製して物性測定を行い,詳細の解明を目指しています。
    研究室紹介
    新しい物質が作り出す新しい物性
    結晶中の電子は,電荷・スピン・軌道の自由度などが複雑に絡み合っており,集団として予想もつかない多彩な振る舞いを示します。特に,強相関電子系と呼ばれる一連の新物質においては,新しい物理が発現する大きな可能性が秘められています。私達の研究室では,自らの手で新物質をつくりつつ(新物質開発),それに摂動(電場,磁場,光など)をかけて応答をみること(物性測定)により,新しい物理の開拓を目指しています。
    ラボリーダーとして
    ラボリーダーとしての責務
    ラボリーダーは学会発表のリスト作製など情報の整理,研究活動実績の集積,論文リスト・被引用数・公的研究資金獲得状況などの実績データの集積など広く研究室の状況を把握し,正確に報告する責任のある仕事であると思います。そのために研究室の皆とコミュニケーションを密にとり常にどのように研究が進んでいるか把握し,ラボリーダーとしての責務を果たしていきたいと思います。
    自己PR
    常に楽しく,全力で物事に取り組む
    私は「常に楽しく,全力で物事に取り組む」をモットーとして研究などに取り組んでいます。研究をする中で困難なことは多々ありますが,諦めずに楽しみながら実験を進めています。昨年は実験 TA に従事し,学生の学習環境づくりに関わる仕事の責任の重さを感じながらも,皆で一つの事に取り組む事の面白さを味わうことができました。このような経験を活かし研究室のメンバーと協力してよりよい研究室にしていきたいと思います。
  • LAB AAA
    コレステリック液晶を透過する流れと回転の
    カップリング
    研究内容
    液晶の基本的な性質として、ガラス基板や空気などとの「界面」が液晶全体に大きな影響を及ぼす、ということが知られています。この界面効果は、製品への応用には欠かせない重要なテーマです。しかし一言に界面といっても、その形状や熱力学的条件はバラエティに富んでおり、基本的な性質でありながら、未解決の問題が多く残っています。私は新しい界面を設計し、今までにない界面効果を得ようと試みています。
    研究室紹介
    メリハリをつけて、日々研究に取り組む
    明るく、アットホームな雰囲気の研究室です。休憩する時は休憩する、研究する時は研究する、メリハリをつけて、日々研究に取り組んでいます。また、メンバー間の仲も良く、研究室内だけでなく、プライベートでも積極的に交流しています。ソフトマター物理分野は、まだまだわからない事が多いです。それだけ、世界初の結果を生み出せる可能性もあります。野心を持ってメンバー全員研究に取り組んでいます。
    ラボリーダーとして
    「集」としての力を最大限に引き出す
    研究メンバー全員の意思のベクトルを揃え、「集」の力を最大限に引き出せるような心配りを心掛けていきたいです。共に研究をしていて、研究メンバーの個々の力には驚かされることばかりです。この力を最大限に発揮できる場を与えるために、異なる研究グループ間の交流を深め、問題意識とノウハウの共有を強固し、互いに正の影響を与えられるような関係を構築できる補助をしていきたいと考えています。
    自己PR
    継続は力なり
    小さなことでもこつこつ謙虚に取り組む姿勢を大事に過ごしている。
  • AAA
    電気化学ポテンシャル制御による
    硫化金属ナノドットからの原子析出
    研究内容
    硫化金属結晶中の金属イオンには、硫黄と結合しているものと、格子間に存在しているものがあります。STM(走査型トンネル顕微鏡)を用いることで、結晶中から後者のイオンのみを取り出すことができます。取り出し可能なイオン数が、ナノドットサイズや硫化条件に依存するかなどを明らかにしています。今後は単一イオンの輸送制御やニューラルネットワーク動作などに応用していきたいと考えています。
    研究室紹介
    原子移動制御による新しい素子開発
    私達の研究室では、主にSTMを用いて、物質の表面で起こる様々な現象を原子レベルで観察し、そのメカニズムを解明しています。本来、観察のために作られた顕微鏡ですが、結晶表面に局所的に強電界を加えることができ、原子ひとつをとりだしたり、移動させたりすることも可能になります。「原子」を制御するこの技術を、新しい機能を持つ素子などの開発につなげる研究をしていきます。
    ラボリーダーとして
    互いに学びあう環境
    私達の研究室には、スタートを同じくした5人の同期のメンバーしかいません。まだ手探りの状態ですが、互いに遠慮なく学びあえる環境の素地があるとも言えます。まだ、研究に必要な知識を身につけている段階ですが、そのためにもこのメンバーはお互いに必要不可欠だと考えています。来年以降、後輩の指導も行っていけるよう、一人ひとりが自主性と協調性を持ち、成長していける環境づくりをしていきたいです。
    自己PR
    まず行動してみる
    今まで、学部生のあいだは、講義や実験になかなか主体的に取り組むことができませんでした。そして、いざ研究に取り組んでみると苦手なことや、足りない知識などに気がつきました。今後は、研究室生活を通して、主体的に知識を深め、行動に移してみて、失敗や成功など様々な経験をしていきたいです。
  • LAB AAA
    高次高調波を用いた光イオン化における
    アト秒ダイナミクスについての研究
    研究内容
    高次高調波は原子や分子に高強度レーザー電場を照射することで発生する極端紫外光であり、その特性からアト秒領域の時間分解能を持つ測定ツールとなります。私は高次高調波を試料分子に照射して光イオン化を起こし、そのときに発生する光電子運動量分布を観測することで、光イオン化におけるアト秒ダイナミクスについての研究を行っています。
    研究室紹介
    高次高調波を用いた光イオン化におけるアト秒ダイナミクスについての研究
    高次高調波は原子や分子に高強度レーザー電場を照射することで発生する極端紫外光であり、その特性からアト秒領域の時間分解能を持つ測定ツールとなります。私は高次高調波を試料分子に照射して光イオン化を起こし、そのときに発生する光電子運動量分布を観測することで、光イオン化におけるアト秒ダイナミクスについての研究を行っています。
    ラボリーダーとして
    積極的な議論を
    新倉研究室では、高強度・超短パルスレーザーを原子や分子に照射することでアト秒時間分解能を持つ測定装置系を作成し、原子や分子内に誘起される電子波束の運動など従来の装置系では観測できなかった超高速ダイナミクスについての研究を行っています。また、高次高調波のスペクトル解析や光電子運動量分布測定など分光学的手法を用いた実験を行い、様々な現象を波動関数の観点から解き明かすことを目指しています。
    自己PR
    納得するまで調べる
    私は疑問に思ったことは納得いくまで調べます。調べても納得のいく答えが見つからない時や、調べている内にまた新たな疑問が出てくる場合でも、一応は自分に納得のいく区切りまで考えます。そして時間をおいて再度疑問に対する答えを探します。残りの研究生活でどれだけのことが理解できるか分かりませんが、この姿勢を続けて成果につなげようと思います。
  • LAB AAA
    トポロジカル絶縁体Bi2-xSnxTe2Seの合成と
    輸送特性・表面状態の調査
    研究内容
    トポロジカル絶縁体とは、バルクはバンドギャップを持つ絶縁体であるのに対し表面には特異な金属状態を持つ新規物質です。表面状態はDirac電子系を成し、ヘリカルスピン偏極状態を取るとされます。現在様々なトポロジカル絶縁体物質が見出されましたが、それらはバルク絶縁性が確保されていません。私は元素置換による正孔ドープを行うことでバルク絶縁性の高い試料の育成に取り組んでいます。
    研究室紹介
    極低温領域での物性を探る
    松田研究室では低温物性研究を行っており、特に高温超伝導物性を扱っています。試料作成設備や走査トンネル顕微鏡(STM)などの高度な実験設備をもちい低温領域でのマクロ,ミクロの二つの方向から実験を行っています。高温超伝導体の中でもビスマス系銅酸化物(Bi2212,Bi2223)を扱っています。また近年発見された鉄系超伝導体(FeSeTe)や新規な分野としてトポロジカル絶縁体にも取り組んでいます。 
    ラボリーダーとして
    研究室内での議論をより活発にしたい
    松田研究室ではメンバー一人ひとりが異なる研究テーマで研究を進めており、各メンバーが独自の専門知識や実験技術を持っています。ラボリーダーとしてこれらの知識や技術を全メンバーが共有でき、各々の実験研究に生かしていける環境をつくれるように努めていきたいです。そのためにこれまで以上に各メンバーの研究への理解を深め、活発な意見交換のきっかけとなる提言を行えるようになりたいと思います。 
    自己PR
    私自身の行動で仲間に良い影響を与える
    私は常に研究に関するモチベーションを高く持ち,周りの模範となることで研究室の仲間に良い影響を与えられるよう心掛けています。自分の研究のみに満足することなく,後輩の指導や研究室のチームワーク向上にも努めてきました。そのため,研究室の実験装置を幅広く扱い、それらの取り扱いの知識については学生メンバー内でも一番であると自負しています。 
  • AAA
    三角格子型遷移金属酸化物の
    電荷軌道秩序
    研究内容
    遷移金属化合物は強磁性や超電導、金属絶縁体転移など興味深い物性を示し、情報デバイスやエネルギーデバイスなどの材料に使われています。私の研究ではモデル計算や光電子分光法を使って、特にTiやVの遷移金属酸化物の電荷軌道秩序の計算予測を行っています。このような電子状態の解析により新しい高性能な材料の開発を目指して研究を進めています。
    研究室紹介
    電子相関物理の研究
    遷移金属化合物薄膜の表面・界面において、d電子がどのように振舞うのか、そして電子間相互作用や電子格子相互作用がどのような役割を担っているのかを研究しています。多彩な物性を示す遷移金属化合物の薄膜やナノ粒子を合成し、その電子状態を分光法によって調べることにより、遷移金属化合物をベースにした新しい材料の開発に貢献することを目指しています。
    ラボリーダーとして
    初代のラボリーダーとして
    溝川研究室は2015年に新しくできた研究室で、私は初めてのラボリーダーということになります。まだ分からないことも多く手探りの状態ですが、溝川研究室の来年度からの後輩の見本となれるように、頑張りたいと思います。また自分の研究はもちろん、他のメンバーの研究にも理解を深めサポートすることで、研究室全体に貢献したいと考えています。
    自己PR
    興味を持ったことは最後まで
    興味を持ったことは納得するまで調べたくなる性分です。溝川研の研究対象となる物質は非常に多く、またその性質も多様性に富んでいてとても魅力的ではあります。ですが時間は限られているのでいろいろな物質に手を出して、中途半端にならないようにひとつひとつ研究を進めていきたいと考えています。
  • LAB AAA
    多自由度電子系における超伝導の理論研究
    研究内容
    多体電子系において、電子の電荷やスピン、軌道などの内部自由度が複雑に絡み合っている系では、高温超伝導や巨大磁気抵抗をはじめとする、興味深い物性現象が出現することが知られています。中でも私は、電場誘起による超伝導体や、軌道間ペアリングを持つf電子系超伝導などの新奇な超伝導状態を研究の対象としています。
    研究室紹介
    超伝導など興味を持ったテーマにトライ
    物質を低温にすることで、室温では熱揺らぎに隠されている量子力学的秩序が姿を現します。このように低温にしたときに物質に現れる量子力学的な性質が、栗原研究室の研究対象である低温量子物性と呼ばれるものであり、その代表例が超伝導です。栗原研究室では超伝導を中心に、メンバー各々が興味を持ったテーマについて理論的な研究を進めています。近年では超伝導以外にも多彩なテーマに取り組んでいます。
    ラボリーダーとして
    研究に適した環境づくり
    研究室セミナーなどの、お互いの研究テーマについてディスカッションできる場は研究室メンバーにとって非常に重要なものだと考えます。そのためにも、研究室メンバーとのコミュニケーションを大切にし、こうした議論を活発的に行える環境作りに積極的に取り組みたいと思います。ラボリーダーとして、研究室の全員が円滑に研究を進められるようサポートしたいと思います。
    自己PR
    強い探究心
    新たに興味を持ったテーマを貪欲に研究する、というモチベーションを持ち続けることを心がけています。私が卒業研究で扱った「電場誘起超伝導」というテーマは、理論研究はさほど行われておらず、新たに理論を構築するというところから出発しました。しかし、先行研究が少ないからこそ、このテーマにやりがいを感じ研究に励みました。少しでも興味をもったら臆せず追究することを、今後も努力してきたいと思います。
  • AAA
    2次元共振器レーザーにおける
    非対称レーザー発振パターンに関する研究
    研究内容
    2次元共振器レーザーとは一般的な1次元のレーザー共振器を2次元的な構造にすることで、共振器内部の光が複雑なふるまいを示すレーザー共振器です。私は共振器の形状対称性を破るような非対称レーザー発振パターンを示す現象に関する研究をしています。
    研究室紹介
    議論の場
    原山研究室ではカオスなどの非線形物理学に関する研究をしています。研究テーマは各々異なりますが、学生皆が理論の研究をしているため、研究室は議論の場となっています。先生との議論はもちろん、学生同士でも活発な議論が展開されます。主体的に研究を進め、活発な議論をする場が原山研究室です。
    ラボリーダーとして
    皆が主体的に取り組めるように
    私は今年度からはじめてラボリーダーを務めます。前年度までは先輩が私を含めた研究室の学生達を牽引してくださったので、今年は私が学生達を引っ張っていこうと思います。学生の皆が主体的に研究に取り組めるように、私自身が先頭に立って研究・議論をしていきます。
    自己PR
    切り替えを大事に
    私は何事にも手を抜かずに取り組みます。それは研究はもちろん、遊びも例外ではありません。今年度も遊ぶときは全力で遊び、研究するときは全力で研究できるよう切り替えを大事にしていきます。
  • LAB AAA
    パーコレーションと自己相似
    研究内容
    パーコレーションと呼ばれる相転移の数理モデルにおいて、自己相似性(フラクタル性)がいかに発現するかに興味を持って研究を行っています。
    研究室紹介
    身の回りの現象をより単純に理解する
    当研究室ではパターン形成や界面ダイナミクスなどの物理現象にとどまらず、人口移動や渋滞などの社会現象およびこれまで物理学が扱って来なかった種々の現象(折り紙・囲碁・二字熟語・音楽など)を研究対象としています。これらの研究は一貫性を欠くように見えますが、その根底には、身の回りで観られる現象から普遍的な性質を抽出し、それらをより単純に理解したいという共通した理念が存在しています。
    ラボリーダーとして
    研究室内外での成果の共有
    当研究室では多岐に渡る現象を研究対象としており、(多くの場合)各自が自主的に決めたテーマに取り組んでいます。そのため,それぞれの研究成果を1つに取りまとめ、外部に公表することはもちろんですが、研究室内での互いの成果の共有も随時行なっていきたいと思います。
    自己PR
    興味を一番大切に
    私は現在、博士後期課程の学生という立場で研究を行っています。学費を払って研究室に所属し、「研究させて頂いている」ような状態ですが、その分社会を気にせず自由に研究に没頭できる環境とも言えます。そんな中で、私は自分の興味を最重要視して研究を行おうと考えています。業績になるか、他人に興味を持たれるかは二の次に。現在、非常に楽しく研究させて頂いています。
  • LAB AAA
    エンタングルメントを利用する量子計測
    研究内容
    量子力学ならではの「エンタングルメント」や「量子干渉効果」などを利用して、古典的な限界を超える情報処理を実現する「量子情報技術」の研究が、近年、盛んに行われています。量子情報技術の一つの可能性として、高精度・高効率な推定を可能にする「量子計測」という話題があります。私は、エンタングルメントを活用する量子計測に注目して研究を行っています。
    研究室紹介
    量子論の不思議に迫り量子性を活用する
    量子論が支配するミクロの世界では、「不確定性原理」や「波動・粒子の二重性」といった様々な不思議な現象が起こっています。近年、実験技術が向上し、量子論の不思議にますます迫れるようになりました。さらに、量子論に特有の性質を活用する「量子技術」を追究する研究が精力的に進められています。こうした背景の下、湯浅研究室では量子論の基礎的諸問題や統計力学の基礎、量子技術に関わる理論研究を行っています。
    ラボリーダーとして
    後輩を引っ張っていけるように
    理論の研究室では一人で黙々と計算しているイメージがあるかもしれませんが、議論がないと新しい発見はありません。議論があるからこそ、新しいアイデア、発見が生まれます。そして、少しでも疑問に思ったことがあればすぐに議論できる環境が整っていることが大切です。議論がより活発に行われる研究室になるようにラボリーダーとして引っ張っていきたいと思います。
    自己PR
    物理的なメカニズムを意識する
    量子計測に関する研究を行っていますが、物理的に何が起こっているのかを考えることを意識するようになりました。計測精度が向上するという結果が得られればそれはうれしいことですが、向上しないという結果になってもそのメカニズムを理解することによって新たな知見が得られます。物理学を学ぶ者として、どこに本質があるか、逆に、ここは無視しても構わないか、その境界を見極める力を培っていきたいと思います。
  • LAB AAA
    Palatini f(R) 重力理論におけるダークエネルギーと宇宙論
    研究内容
    宇宙の標準模型であるΛCDM模型は我々の宇宙を記述するのに成功してきた.しかしこの模型の基では宇宙の大部分が未明の物質で占められていることになり,そのひとつにはダークエネルギーがある.只その正体は大きく謎に包まれている.このダークエネルギー問題の解決のアプローチに実際の重力相互作用が我々が知っている一般相対性理論と異なるとする修正重力理論がある.この理論体系のもと宇宙の秘密を解き明かしたいと思う.
    研究室紹介
    宇宙物理学,重力理論の研究
    私たちの研究室は、宇宙・重力に関する現象に広く興味を持ち、最先端の宇宙物理学研究を行っています。 論文速報、研究室構成員によるコロキウム、外部研究機関の講演者によるセミナー等の会合を定期的に持ち、研究室内外・国内外を問わず最先端の情報交換および共同研究を積極的に行っています。 これら以外にも様々なテーマの少人数によるグループゼミが並行して行われており、 常に新しい研究テーマを模索しています。
    ラボリーダーとして
    研究室を第一に
    現在前田研究室は約15人で構成されている.私はラボリーダーとしてまず研究室における安全性を確保したい.さらに,安心して研究できるよう研究室の環境を最適にしたいと思う.特に多くの他分野のメンバーで構成されている私たちの研究室で議論がしやすいよう,共用スペースを常に清潔し,技術的な欠落や環境的要因による阻害が無い様努めたい.
    自己PR
    多角的視野を目指して
    私は実に物理が好きであり,より深く理解したいと思う.そしてその手法として多角的な見解を得られるよう努力している.物理の真髄にたどり着くためには,自らの分野のみならず他分野の深い理解のもと得られると信じており,様々な方との議論をすることによって達成できるよう日々を励んでいる.研究者としてはまだ未熟な限りだが,いつか高みに羽ばたけるよう自らを磨いている.
  • LAB AAA
    宇宙ジェットの構造解析
    研究内容
    宇宙ジェットとは、重力天体から双方向に高速で噴出しているガスの噴流です。この現象はマイクロクェーサーや活動銀河核など、様々なスケールの重力天体周辺で発見されています。しかし、現在ジェットの構造やジェットを生み出すシステムは未だ解明されておりません。私は宇宙ジェットがジェット静止系で定常流になっていることに着目し、流体のシミュレーションを行うことでジェットの構造を解明する研究をしています。
    研究室紹介
    天体現象で高エネルギー物理を解明
    宇宙には地上では考えられないような現象や天体が数多く存在します。例えば、銀河一つに匹敵する明るさで光る超新星爆発という現象や、ネオジム磁石の100億倍の強さの磁場を持つマグネターという天体が存在します。これらを通じて、地上では実験できないような状況の物理現象を観測することができます。山田研究室では宇宙の高エネルギー現象を理論的に研究することで、高エネルギー物理学の解明をしています。
    ラボリーダーとして
    幅広い知識で議論を活発に
    ラボリーダーの仕事は研究室を盛んにし、引っ張っていくことだと思います。そのために、研究室の方々と様々場面で議論を盛んに交わすことは欠かせないと思います。私の研究室では様々な高エネルギー現象を扱っている方が所属しています。その方たちとなるべくたくさん議論を交わせるように幅広い知識を身につけたいです。
    自己PR
    持ち前の明るさで誰にでも積極的に
    私は、持ち前の明るさで誰にでも積極的に話しかけることができます。いろんな方達とコミュニケーションを取ることは、様々なチャンスと巡り合う機会を増やしてくれるだけでなく、知識の幅を広げることにもつながり、私の長所だと思っております。この長所を生かし、まずは研究室の方々と、そして行く行くは外部の方々とも多くの議論を交わしながら研究に従事していきたいです。
  • LAB AAA
    国際宇宙ステーション搭載型宇宙線観測装置
    CALET(Calorimetric Electron Telescope)の
    装置較正および陽子・ヘリウムのフラックス観測
    研究内容
    所属研究室では、宇宙線観測機器CALETによる高エネルギー宇宙線の直接観測によって、宇宙の構造の解明を目指した研究を進めており、私はデータ解析手法の開発に従事しました。学部時代の成果としては、国際宇宙ステーション軌道上で取得したデータを用いて、粒子の入射位置や測定時の装置温度による出力値変化を解析・関数化し、装置較正方法を開発しました。現在は、陽子およびヘリウムのフラックス観測を行っています。
    研究室紹介
    宇宙の謎を解き明かす宇宙線観測
    鳥居研究室はJAXAとの共同研究で、高エネルギー宇宙線の観測を行うCALETプロジェクトを推進しています。CALETは2015年夏に国際宇宙ステーションに設置されて以来、これまでにない高精度な宇宙線観測を続けています。世界初であるTeV領域の電子観測は、宇宙線の起源、加速・伝播機構、"見えない"暗黒物質など、宇宙の謎への大きなアプローチとなることが期待されています。
    ラボリーダーとして
    国際的なプロジェクトへの貢献
    CALETは国際的なプロジェクトであり、海外の研究者とも協力して解析を進めています。一方、学生も運用から解析までのあらゆる重要な部分で貢献することができます。例えば、私は学部生の頃からCALETの装置較正の最も重要な部分を担当しています。今後、ラボリーダーとしてCALETのミッション達成に向けて、同期・後輩を導いていきたいと考えています。
    自己PR
    国境を越えたチームワーク
    宇宙の謎を解き明かすという目的に向け、研究室メンバーは各々違った研究を行っています。データ取得・作成、エネルギー損失較正、粒子の選別、宇宙線の伝播シミュレーションなど、どれか一つでも欠ければ目的は達成できません。各々の研究は独立ではなく、他の研究と関連性があるため、海外の共同研究者を含むメンバー間のチームワークを重視し、研究を進めています。
  • LAB AAA
    能動型X線分光器AXSの研究
    研究内容
    これまでの惑星探査では、軌道衛星による遠隔探査が主流である。これからの惑星探査では惑星自体へ降り立ち、その場探査を行うことが重要視される。その場探査では探査機に搭載する機器が軽量・省電力であることが必要であり、その要件を満たすAXSの開発研究を行っている。
    研究室紹介
    長谷部研究室について
    長谷部研究室は、惑星の起源の解明・放射線医学研究・地球磁気圏探査の主に3つの研究テーマを軸として、宇宙に関する多岐にわたる研究がなされています。研究室の雰囲気もよく、教授や生徒とのつながりも感じられる研究室であると思います。
    ラボリーダーとして
    ラボリーダーとしての抱負
    本年度ラボリーダーを務める内藤です。学生という立場から長谷部研究室をまとめていくということで責任の重さを感じています。研究室の雰囲気をよく保ちつつ、研究に真摯に取り組める環境を作れるよう、邁進させて頂きます。
    自己PR
    ラボリーダーはこんな人
    私は、学部時代は早稲田大学応援部という団体に所属していました。非常に上下関係の厳しい世界でしたが、それを経験したことでそのような関係性の長所・短所は見えたと思います。研究室での人間関係は厳しさよりも効率が求められると思いますので、学んだ長所を生かしつつ、良い環境をつくることができればと思います。
  • LAB AAA
    放射線グラフト重合法を用いた燃料電池電解質膜の作製
    研究内容
    鷲尾研究室シルマンホールでは燃料電池の耐久性と発電性能を向上させるため、電解質膜の研究に取り組んでいます。燃料電池は温室効果ガスを排出しないクリーンエネルギーとして期待されています。私たちは燃料電池の電解質膜を放射線の特性を用いて膜を作製し、性能向上とそのメカニズムの解明をしています。
    研究室紹介
    高品質ビーム科学と放射線利用
    鷲尾研のメンバーは、理工学部脇にあるシルマンホールと、喜久井町キャンパスにある理工学研究所に分かれて研究をしています。シルマンホールでは燃料電池、微細加工などの放射線化学の研究を行っております。喜久井町ではフォトカソードRF-Gunを用いた高品質電子ビーム源の開発とその応用を行っております。
    ラボリーダーとして
    今年度の目標
    鷲尾研究室は所属している人が多く、各々強い個性を持っています。メンバーをうまくまとめるべく、自分のしたいことばかりやるのではなく、できるだけ周りの方々に気を使って普段から生活していこうと考えております。特に飲み会では冷静に飲みすぎないようにしていきたいと思います。
    自己PR
    Everyday happy
    研究は難しくつらいこともありますが、しっかりと考えると失敗の中にも発見や面白さを発見できます。毎日ひとつは必ずいいことがあると信じて常にアンテナをはって生活しています。
  • LAB AAA
    LHC-ATLAS実験における高速飛跡トリガー(FTK)の開発
    研究内容
    Higgs粒子を発見したことでも有名な世界最大の陽子陽子衝突型円形加速器LHC-ATLAS検出器は,更なる発見に向け日々アップグレードが重ねられています.アップグレードによってより多くの統計量が得られる一方,検出器内の環境が熾烈になることが予想されており,対応策として高速飛跡トリガー(FTK)の挿入が開始されています.寄田研ではこのFTKの開発に日本で唯一携わり、国際的な研究を行っています.
    研究室紹介
    ハードウェアから物理解析まで
    寄田研究室では,ATLAS 実験と暗黒物質探索の二本柱で研究を行っています.ATLAS 実験ではヒッグス粒子をはじめとする物理解析はもちろん,2015 年より始まる Run2 で使用される FTK という高速飛跡トリガーの開発も行っています.一方,暗黒物質探索では検出器の設計・製作からデータ取得,解析までの全てを少数ながらも精力的に行っています.これだけのことが出来る研究室は他にはないでしょう!
    ラボリーダーとして
    寄田研の広告塔として情報を発信する
    寄田研は素粒子実験を専門とする研究室ですが,私大で素粒子実験を専門とする研究室はほとんどありません.しかも,検出器・トリガー・物理解析すべてをやっています.また,CERN 現地で活躍している学生がいること,日本で唯一 FTK の開発に携わっていること,早稲田大学でも暗黒物質探索の実験があること,物理だけを見て突き進んでいること.少しでも多く寄田研のことを知ってもらえるように情報を発信していきます.
    自己PR
    有意義な研究生活
    私は主にFTKの開発に携わっています.昨年度はB4でしたが,研究室の先輩方や同期、更には海外の研究者と多くの議論を重ねることができ,多くの知見を得て楽しい研究生活を送ることができました.また,研究室内ではサーバー管理等についても学ぶことができるため,将来に向け間違いなく有意義な時間を過ごしています.
  • LAB AAA
    MPPCを用いた低被曝かつ多色X線CTの開発
    研究内容
    X線CTとは、医療画像診断装置の一種で、人体を切開することなく内部の状態を観察することが出来る装置である。しかしその被曝量は多く、現状のCTは子供や妊婦といった患者には使用できない。また今の技術では得られる画像は白黒画像のみとなってしまう。そこで本研究では、この被曝量を低減し、かつ多色画像の取得を可能とするCTの開発を目指す。
    研究室紹介
    分野を横断する多角的な研究を
    宇宙から医療、環境放射線カメラ、情報通信など多岐にわたる分野の検出器の開発と、それを用いたサイエンスが片岡研のテーマです。一見バラバラにように見えますが、すべての研究が放射線計測、次世代半導体光センサーというキーワードで有機的に結びついています。狭い視野で研究するのではなく、分野を横断する多角的な研究を行うことが我々の研究室の大きな売りであり、テーマともなっています。
    ラボリーダーとして
    より活発な情報交流を
    片岡研の研究内容は宇宙・医療・環境と多岐にわたっており、研究室内の学生同士でも、正しくお互いの研究内容を理解できていない現状があると考えております。そこでラボリーダーとして、まずは研究室内で活発な情報交流を行い、その情報を外部に分かりやすく発信していくことで多くの人に興味をもってもらい、研究室の枠を越えた交流を今まで以上に増やしていきたいと考えております。
    自己PR
    挑戦心をもって
    私の研究内容は物理学の技術を医学の領域にも役立てようというものです。そのため物理という垣根を超えて、医療分野に関する知識も必要とされます。もちろん大変なことも多いですが、自らが学んできた知識や技術を様々な領域に応用出来ることはとても大きなやりがいを感じることが出来ます。ラボリーダーとして研究についてはもちろんのこと、普段の学生生活においてもこれまで以上に挑戦心をもって何事に取り組んでいく所存です。
  • LAB AAA
    量子力学の特性を活用したミクロな磁場センサーの
    理論的研究
    研究内容
    エンタングルメントなど量子力学の特性を活用し高精度な情報処理の実現を追求する、量子情報の分野が近年盛んに研究されています。中でもスピン多体系を用いた磁場推定問題は、単純な設定でありながらエンタングルメントの情報処理における有用性の議論ができると同時に、その磁場センサーへの応用も期待されている、重要な問題です。私の研究では特に、系外部からのノイズが無視できない現実的な状況下での推定精度を議論します。
    研究室紹介
    他分野との交流・活発な議論
    安倍研究室では主に素粒子の余剰次元モデル、素粒子論的宇宙論が研究されています。火曜日、木曜日の文献紹介は中里研究室、湯浅研究室と合同で行われ、量子力学基礎論、量子情報理論といった他の分野を学ぶ機会にも恵まれています。また定期的にコロキウムが開催されるので、他大学、研究所の研究を聞く機会もあり刺激になります。研究室の至る所に置かれたホワイトボードや黒板で、議論が活発に行われていることも特徴です。
    ラボリーダーとして
    議論の活性化のための仕組みを作りたい
    安倍研究室は中里研究室と同じ部屋を共有している恵まれた環境にあります。しかし両研究室とも研究テーマが個々人で独立しており、互いの研究の進捗や直面している問題を、リアルタイムでは把握しておりません。他分野の異なる視点で問題を見直すことで突破口が開ける。そんな事が実現できるように、各々の進捗や問題をメンバー全員で共有する仕組みを考え、分野関係なくアイディアを提供し合える環境を作りたいです。
    自己PR
    専門に囚われない、幅広い好奇心
    私の専門は量子情報理論ですが、それに囚われずに物理学全体に幅広く関心を持つように心がけています。実際、素粒子理論や物性理論の授業を受けたり、他分野の研究室の学生と議論したりしています。それは、ある分野の常套手段が他の分野において問題解決の糸口となる可能性があるからです。口で言うほど容易くはありませんが、このように広い好奇心を持つことで、いつか分野横断的な新しい研究テーマを見つけたいと考えています。
  • LAB AAA
    超弦理論における物質と反物質の非対称性とアクシオン
    研究内容
    宇宙観測事実により、私たちの宇宙は物質のみが残り、反物質はほとんど残っていないことがわかっているが、この物質と反物質の非対称性の起源の解明は重要な課題となっています。自然界における全ての基本的な力を統一的に記述できる超弦理論では、アクシオンという粒子がこの非対称性に影響を与える可能性があるので、私はこのアクシオンという粒子が物質と反物質の非対称性に与える影響を定量的に調べています。
    研究室紹介
    我々を作る素粒子の量子的性質の解明
    私たちを構成している素粒子のようなミクロな世界では、私たちが普段は知覚しないような量子的な効果が重要になります。この量子効果を記述する理論である量子論は、工学などにも応用されていますが、まだ不完全な部分が数多く残されています。中里研究室では、安倍研究室と湯浅研究室と一緒にこの量子論の基本的な性質の更なる解明と新しい応用に向けて日々、研究と活発な議論をしています。
    ラボリーダーとして
    研究と議論を活発にしていく
    私はラボリーダーとして、研究室に所属する人々と様々な議論をして、新しい研究が活発に生まれる研究室作りを目指していきたいと思います。また、学外で開かれる研究会にも参加することにより、研究室に最新の様々な研究結果や知識を研究室に還元したり、外部の研究室との交流も盛んにしていきたいです。
    自己PR
    幅広い知識を獲得する
    私の研究室では、人によって、興味の対象や研究内容が少しずつ違ってきますが、その様々な研究内容は互いに関連してきます。また理論物理は実験を基に理論を構築します。私は研究室の人と互いに議論するためにも、できる限り自分で計算して多くの分野を理解したいと思います。また実験や宇宙観測にもしっかり目を向けて結果だけでなくその過程も理解して研究に活かしていきたいです。
  • AAA
    エネルギー汎関数を用いた変分法による
    3体核力2π交換項を考慮した核物質のエネルギー計算
    研究内容
    エネルギー汎関数を用いた変分法により、U?3体核力2π交換項を考慮に入れた核物質のエネルギー計算を行います。エネルギー汎関数を用いた変分法では、系の一粒子当たりのエネルギーを2体分布関数で表し、その変分によって得られたEuler-Lagrange方程式を解くことでエネルギーを最小化するという、本研究室独自の手法です。2π交換項のエネルギー寄与によりπ中間子凝縮の兆候が見られました。
    研究室紹介
    量子多体問題としての原子核構造
    本研究室は原子核物理学の研究室で、特に原子核構造を量子多体問題という観点から理論的に研究しています。主な研究対象が原子核でありながら、液体ヘリウムや高エネルギー天体など、物性物理や宇宙物理へもアプローチするという魅力があります。特に近年では、超新星爆発シミュレーションのための核物質状態方程式テーブルの作成に精力的に取り組んでいます。
    ラボリーダーとして
    自主的・主体的な活動を促す環境作り
    メンバーがやるべき事を率先して行う自主的な意識と、何をすべきかを自分で見出して行動する主体的な意識は、研究室活動において非常に重要です。私はラボリーダーとして、この自主的・主体的な研究姿勢をメンバー全員が持つ事が出来るように、環境作りに努めていきたいと考えています。
    自己PR
    謙虚さと粘り強さ
    研究では折に触れて様々な判断を下さなければなりませんが、自分が適切だと思った選択がいつも正しいとは限りません。そのような謙虚さをもって先生をはじめとする周囲の人と議論し、状況に応じて柔軟に対応しつつ研究を進めることが重要だと考えています。また、研究は往々にして泥臭い作業を伴いますが、粘り強く取り組んで新たな結果を導いた際の達成感は言うに及びません。以上を心に留めながら成果を出していきたいです。
  • LAB AAA
    非線形シュレディンガー方程式
    研究内容
    非線形シュレディンガー方程式の研究をしています。シュレディンガー方程式の数学的研究は、長い歴史があり、多岐にわたる膨大な量の研究が為されておりますが、未解決な問題がいまだに数多くあります。私は特にプラズマ物理学などに現れる微分型相互作用を持つものに興味を持っています。今までは初期値問題の適切性の研究を主にしてきましたが、今後は非適切性や解の爆発、無条件一意性といった問題にも取り組んでいきたいです。
    研究室紹介
    数理物理学
    小澤研究室では、物理学に現れる様々な偏微分方程式を題材に関数解析学や実解析学を用いて解の存在や一意性、解の持っている性質について研究しています。研究室の活動についてですが、毎年春に4年生を中心に位相空間論や関数解析学をテーマに大谷研究室と共同で学生主体のゼミを実施しています。また学部生と大学院生は週に一回程度先生の前で成果を発表するセミナーがあります。
    ラボリーダーとして
    居心地の良い研究室
    後輩たちが研究に専念できるように、研究室内の環境をより良くしたいと思っております。また、他研究室のラボリーダーとお互い力を合わせてより広く学術活動報告が出来るよう精一杯頑張りたいです。
    自己PR
    数学の魅力
    私は応用物理学科で学部時代は物理学を中心に勉強していましたが、物理学に現れる数学に非常に魅力を感じ、数理物理学の研究室に入りました。研究室に入ってからは、専ら数学の勉強、研究をするようになりましたが、数学という学問の奥深さにはいつも驚かされます。いままで数学を築き上げてきた先人たちの知恵を借りながら、私自身も数学の発展に少しでも寄与できるように頑張りたいと思います。
  • LAB AAA
    Study on complex Ginzburg-Landau equations
    as parabolic equations
    研究内容
    私は複素ギンツブルグ・ランダウ方程式を数学的な観点から研究しています.本方程式は散逸構造の臨界点付近での秩序状態を記述し,非線型拡散方程式と非線型シュレディンガー方程式の中間の構造を持ちます.これ迄に放物型方程式の摂動問題という新しい観点から可解性についての結果を示しました.また特殊な条件下での爆発解の存在も示され,今後は一般の条件での解の爆発現象の解析等の問題に取り組む予定です.
    研究室紹介
    偏微分方程式を無限次元空間で解析する
    大谷光春研究室では物理学,工学,生物学等に於ける現象に対し,その現象を記述する一般に非線型な偏微分方程式に対する数学的な研究を行っています.研究では方程式の解の存在や一意性,漸近挙動等を考察し, その結果方程式が現象に対するモデルとして適切かどうかが明らかになります.具体的な研究手法としては,方程式の持つエネルギー構造に注目し数学的に抽象化した劣微分作用素の理論や様々な関数解析的手法を用います.
    ラボリーダーとして
    数理物理学という立場から
    ラボリーダーとして、研究室内では、各メンバーの研究内容を把握し、研究に専念できる環境作りを心掛け、後輩にはスムーズに研究へと移れるようなサポートを、自分の経験も踏まえながら行って行きたいと考えています。また、研究室の学生代表として研究室外の方々に本研究室ではどのような観点から物理を研究しているのかを知っていただける様尽力します。
    自己PR
    積極的に学ぶ事
    数理物理学研究という分野を専攻するとは、つまり物理に囲まれて数学を行うという非常に貴重な経験を積める環境に身を置くという事です。これは更に私達が様々な数学を駆使して眺める物理は、往々にして現実の物理現象と対峙する(したいと考えている)物理学を志す諸氏とは異なる様相を取り得ます。その為私は、数学、物理学のみならず様々な分野に対して興味を持ち積極的に学んで行く姿勢を持っています。