先進理工ラボリーダー

先進理工の「顔(Lab Leader)」。目線は世界へ
  • LAB AAA
    精神神経疾患の分子メカニズムの解析
    研究内容
    アルツハイマー病や統合失調症などの精神神経疾患は、根本的な治療法が確立しておらず大きな社会的課題となっています。私の研究室では、精神神経疾患の発症に関わるタンパク質の機能解析を通して発症メカニズムを解明するというアプローチで研究を進めています。私は精神遅滞(知的障害)の原因候補遺伝子産物であるCereblon(セレブロン)の機能解析を行い、精神遅滞の発症メカニズムに迫っています。
    研究室紹介
    生命に関わる物質の学際的研究
    当研究室では、神経化学・神経薬理学の観点から精神神経疾患の発症メカニズムの解明を目指しています。特に、精神遅滞やアルツハイマー病に着目して研究を進めています。また、固体・溶液の物質が右手と左手のように鏡像関係にある二つの異性体を示す「キラリティ」という性質にも着目して研究を進めています。このように、幅広いテーマのもとで生命医科学の発展に大きく貢献できるような研究を行っている点が当研究室の特徴です。
    ラボリーダーとして
    メンバーとの交流を大切にする
    当研究室は、物理学・化学・生物学などさまざまなバックグラウンドを持つメンバーで構成されています。私は、研究室のメンバー同士が気軽に研究内容についてディスカッションできるような雰囲気作りを積極的に行っていきたいです。このような心がけによって、今まで考えもしなかったような考えなどが生まれることがあります。異なるバックグラウンドを持つメンバー同士が盛んに議論し合う活気のある研究室を目指しています。
    自己PR
    社会へ還元できる研究者を目指して
    「研究者」というと、研究室にこもって実験に没頭している人をイメージするかもしれませんが、実際はいろいろな立場の人とのコミュニケーションが求められます。例えば、先輩や学内外の先生方とのディスカッションは新たな研究の可能性につながると思います。外部からの刺激を研究に活かそうとする柔軟さを忘れずに、研究成果を社会へ還元できる研究者を目指したいと思っています。
  • LAB AAA
    in vivo Voltage imaging during locomotion
    研究内容
    どうやって脳は身体をコントロールするのか。これを明らかにする最もシンプルな方法は、「行動時の全神経活動を記録する」ことである。我々は「電気的な神経活動を光で見る」膜電位イメージング技術を用い、行動下の動物からの神経活動記録に挑んでいる。
    研究室紹介
    神経細胞の動作原理の解明
    脳スライスや培養神経細胞を用い、電気生理学とイメージング技術を駆使し、分子生物学的技術を用いながら、神経細胞内の様々な分子動態、シグナリング系がいかに神経細胞・神経系の高次機能を構築しているかを調べています。特に神経細胞の樹状突起に限局した細胞内シグナルのダイナミクスを詳細に計測し、シナプス可塑性を支える分子基盤を解明することを中心に研究しています。
    ラボリーダーとして
    楽しんで、刺激し合える環境を
    井上研究室では、1人1人が異なる研究テーマをもつため、共通の実験や共通機器がある一方で、その実験対象や段取りは様々です。研究室内での規則や秩序を守り、共有する部分は協力し合うことで、皆が気持ちよく楽しく研究に取り組める環境にしたいと考えています。また、お互いの研究を理解しディスカッションを行うことで、それぞれの研究が効率よく向上する環境を作りたいです。
    自己PR
    考え続ける
    研究に最も求められる資質は「考え続けられる」ことです。研究の世界では、だれもやったことがないことを見つける、ことが重要視されます。ゆえに、行うほぼすべての実験が、だれもやったことのない実験になります。そして実験の成功・失敗に関わらず、得られた結果はすべて誰も見たことがない結果です。私は数百の実験を通して、得られた結果をどう解釈するか、正解のない問いを「考え続けられる」力を身に着けてきました。
  • LAB AAA
    成体脳における神経組織再生を制御する分子機構の解明
    研究内容
    20世紀初頭より、中枢神経系は再生しないと考えられてきました。しかし近年、神経幹細胞の移植による中枢神経系の再生が報告され始め、成体脳における神経幹細胞の増殖・分化の制御機構の解明が重要な課題となっています。ゼブラフィッシュなどの硬骨魚類は再生能力が高く、様々な領域に神経幹細胞が分布しています。私たちは、視神経の投射先である視蓋に着目し、増殖・分化や神経再生の分子メカニズムの解明を目指しています。
    研究室紹介
    脳の発生・再生の分子機構の解明
    我々が周辺の環境を認知し、物を考え判断し行動するなどあらゆる脳の機能は、精巧に形作られた神経回路網の上に成り立っています。神経細胞が適切な場所に移動し、正しい相手と結びつくことによって、神経回路網が形成されます。この過程に問題があれば、様々な疾患の原因となります。大島研究室では、マウスやゼブラフィッシュを用いて、脳の発生・再生段階での遺伝子の機能を解析しています。
    ラボリーダーとして
    活発な議論を通して
    大島研究室では、様々な疾患モデルやモデル動物を用いて研究を行っています。また、井上研究室とも合同で研究報告会を行うなど盛んな交流があります。互いの研究内容の理解や活発な議論のためには、自分の専門分野だけでなく、幅広い知識が必要となります。1人1人が研究に集中することも大切ですが、異なる研究テーマのメンバー同士で盛んに議論し、より活発な研究活動を促進できるような環境を作っていきたいと思います。
    自己PR
    高い志と専門性
    私は昔から生命現象に興味があり、大学では生命科学について幅広く学びました。その中でも脳の未知な部分に惹かれ、現在は脳神経科学を専門として魚の脳を用いて研究を行っています。脳の再生メカニズムを明らかにすることで、医療に貢献したいという志と探究心を原動力に、研究に没頭するだけでなく、多くの人との交流を通して新しい考えや多角的な視野を取り入れて成長していきたいと思います。
  • LAB AAA
    ショウジョウバエを用いた低酸素ストレスによるインスリン産生への影響解明
    研究内容
    糖尿病は血糖値が高い状態が維持される疾患で,世界での患者数も年々増加しており,予防や根本的治療が求められています。血糖値を下げるホルモンとして,膵臓から分泌されるインスリンが知られています。膵臓からのインスリン分泌不足が糖尿病の原因の一つだと言われています。また,生体内の酸素の供給と消費のバランスの崩れから低酸素環境に陥ることがあります。この低酸素環境のインスリン産生への影響を解析しています。
    研究室紹介
    生活習慣病の根治を目指して
    私たちは糖尿病をはじめとする生活習慣病とそれに付随した疾患に焦点を当てて研究を行っています。近年,酸素の供給と消費のバランスの崩れから起こる低酸素環境がこれらの疾患の病態形成に関与していることが示唆されました。低酸素応答において重要な役割を果たしている低酸素応答因子HIFに着目し,生活習慣病におけるHIFのはたらきの解明を通して,生活習慣病の新規治療法の開発を目指しています。
    ラボリーダーとして
    気軽に相談できる環境作りを
    私たちの研究室では個人ではなく,チームで研究を行っています。効率よく研究を進めるためにもチーム内はもちろん,チームをまたいで相談し合える環境が必要だと感じています。研究のディスカッションだけでなく,実験でわからないところや人生の悩みなど,なんでも気軽に相談できる環境づくりに目指します。そのために,自分から積極的に研究室の仲間たちを巻き込んで研究を行っていきます。
    自己PR
    「もらう側」から「する側」へ
    研究活動は多くの壁が立ちはだかります。中には協力を得ないと乗り越えることが出来ない程大きな壁もあります。そんな時,目の前の状況に向き合うこと,状況に応じて周囲の協力を得ることが大事だと考えています。目の前の壁を一つ一つ乗り越えていくことで,協力を得ないと乗り越えられなかった壁が自分一人で乗り越えられるようになり,そして「協力してもらう側」から「協力する側」になれるよう精進していきます。
  • AAA
    新規ERBB2切断酵素の乳がんにおける機能解析
    研究内容
    受容体型チロシンキナーゼERBB2は乳がんの20%の患者で過剰に産生されています。ERBB2は異常な細胞増殖に寄与することで乳がんの悪性化に関わります。ERBB2は細胞外ドメインを切断されると活性型フォームになることがわかっています。私は当研究室で同定された新規ERBB2切断酵素の乳がん悪性化への寄与を乳がん細胞株を用いて解析しています。
    研究室紹介
    乳がん治療標的の探索
    乳がんは女性のガンの中でも特に罹患率、死亡率の高いガンです。治療方法が発達しているにも関わらず、乳がんの患者数は増加傾向にあることがわかっており、より治療効果の高い医療が求められています。がん化やがんの悪性化に関わる遺伝子は多数存在し、それらを同定することはあらたな治療標的をみつけることになります。当研究室ではがんの発達の様々なプロセスに関わる遺伝子を同定することを目的として日々研究しています。
    ラボリーダーとして
    研究室の代表として
    研究室の代表に選んで頂いたからには、その職に見合う仕事をしたいと考えています。それは自分自身の仕事だけではなく、研究室の周りの人の熱意も掻き立てられるような環境作りに貢献することも含まれていると思います。一人一人が積極性を持って、お互いに刺激しあい切磋琢磨できる研究室で居続けられるよう日々精進します。
    自己PR
    直向きに、かつ積極的に
    言われたことだけを行うのではなく、自分の考えを持って積極的に物事に取り組むよう心掛けています。その際、自分の考えに固執するのではなく周りとの意見交換を介して、時には柔軟により良い選択を行えるよう注意しています。また、常に自分に満足することがないよう直向きな勉強を心掛けています。
  • LAB AAA
    siRNAと脂質の集合形態が与える細胞取り込みへ影響
    研究内容
    私は効率良く医薬品を送達するための「リポソーム」の研究をしています。リポソームとは両親媒性の脂質によるナノサイズの球状のカプセルのことで、医薬品と複合体を形成し目的の細胞に届ける運搬体として注目されています。そこで私はリポソームの運搬体としての機能に大きく影響する脂質の化学的な構造とその集合形態に着目して、新たな脂質の合成や最適な集合形態を模索することで効率的な薬物送達を見出そうとしています。
    研究室紹介
    分子集合科学によるナノデバイスの創製
    「ものづくり」の立場から医療を支えるべく、生体分子や医用高分子からなる構造体を薬物運搬体やナノデバイスとして、医療応用することを目指しています。具体的には、リポソームを用いた人工血小板や生分解生ナノシートを用いた創傷被覆材といった医療応用を展開しています。研究室メンバーそれぞれが「分子集合体の設計から機能評価まで一貫して行える」ことを目指し、日々研究に励んでいます。
    ラボリーダーとして
    安全かつ活気ある実験環境の維持
    多くの化学物質を扱う研究室なので、ラボリーダーとしては安全管理の徹底が至上課題と言えます。同時に研究室から多くの成果を出せるよう活発な議論を促すことも仕事と考えています。月に1度の全体ミーティングではヒヤリハットの事例から学会情報まで皆で共有し、安全かつ活発に研究活動が行えるようにしています。風通しよく切磋琢磨しあえるよう、研究室の環境維持に努めていきます。
    自己PR
    研究者として生きていくために
    所属する研究室では、他大学、他分野の先生方からお話を伺う機会が多々あります。おかげで自分の研究のみに捉われず、周りの研究の良い部分を吸収できないか意識するようになりました。現実的で面白そうな場合は積極的に挑戦しますし、その成果は研究室に還元して活性化させたいと強く思います。視野を広く保つことで自分にも周囲にも好影響を与えられるよう、より貪欲に挑み続けたいと思います。
  • LAB AAA
    官能基の表面提示を光制御する動的培養基材の創製
    研究内容
    【光刺激によって細胞の分化誘起を促す材料の開発】 細胞分化制御の1つのアプローチとして、細胞が接着する基材がある。しかし、従来の研究では、基材を用いて任意にで分化誘起をするのは不可能であった。本研究では、光刺激により基材の表面が変化し、任意に細胞の分化誘起が可能な材料の開発に取り組む。将来的には、光の強度や照射範囲を変えることで、1つの培養場で複数種類の細胞が培養可能な基材となりうる。
    研究室紹介
    生命機能材料科学研究室
    私たちの「生命機能材料科学」研究室は、細胞や組織と相互作用する材料(バイオマテリアル)を巧みに設計・構築して、細胞操作技術や再生医療へ応用することを目指しています。具体的には、単一細胞レベルでの細胞操作を可能にするマイクロ・ナノデバイスや細胞の足場として有用なバイオマテリアルを開発して、細胞の分化などの挙動や機能を制御したり、細胞を精緻に集積して三次元的な生体組織の構築を行っています。
    ラボリーダーとして
    活気ある研究環境へ
    研究には主体的な取り組みが必要不可欠ですが、良好な成果を収めるためには様々な人とのディスカッションも求められます。当研究室内でも活発な議論を行うために、普段から良い雰囲気創りを目標としています。また自らが真摯に実験に取り組む姿勢を示すことで、研究室全体の意識向上に努め、良い雰囲気を創り上げていくと共に、信頼と責任感のあるリーダーへと成長していきたいと思います。
    自己PR
    誠実に取り組む
    私は常に誠実さを持った行動を心掛けています。当研究室では学生全員がそれぞれの研究テーマを持ち、試行錯誤しながら研究活動に励んでいるため、先輩後輩問わず教え合うことが多くあります。私はこうした環境で、周囲の人と誠実に向き合う姿勢が大事であると考えています。誠実な姿勢を持ち、幅広い観点から研究を進めることで、革新的な研究成果をあげていきたいです。
  • LAB AAA
    微小液滴を用いた微生物のシングルセルゲノム解析
    研究内容
    私の研究では、ピコリットルサイズの微小液滴を用いた微生物シングルセルゲノム取得技術の開発を目指しています。高速生成される微小液滴を用いて環境中の未知微生物のシングルセルゲノムを大量に取得することで、新規微生物やそれらが持つ有用遺伝子の発見が期待されます。またウェット面の研究のみならず、多数のシングルセル情報を最大限効果的に利用すべく、ドライ面での解析ツール開発も行っております。
    研究室紹介
    遺伝子を「見る・解析する」
    当研究室では、「遺伝子を見る・解析する」ことを通して多様な分野へアプローチをしています。最近ではシングルセル解析により生命を分子レベルの情報を元に理解することを指針に、メタゲノム、マリンバイオテクノロジー、バイオ計測の分野において先進的な研究に取り組んでいます。また幅広いネットワークを駆使し、国内外の共同研究先と研究交流する機会にも恵まれていることも魅力のひとつです。
    ラボリーダーとして
    広い視点を取り入れる
    当研究室の学生は、国立感染症研究所や産総研・早大 CBBD-OIL等様々な分野の研究機関との交流を持っており、それぞれが異なる技術や知識を身につけています。それぞれの研究テーマについてディスカッションを重ねることにより、異なる視点に基づいたアイデアを得ることができるため互いの研究の発展が促されます。ラボリーダーとして率先して交流を行っていきたいと思います。
    自己PR
    未知への挑戦
    世の中には未だ解明されていない謎が山のように存在しており、世界中でたくさんの研究者が研究に取り組んでいます。私も彼らの一員となれるように日々の研究生活に懸命に取り組んでいます。私は当研究室においてウェット・ドライ両面での研究を進めたり幅広い研究テーマの仲間との交流を経たりすることで、自身の専門分野のみならず様々な未知を明らかにしていけるような研究者への成長を目指しております。
  • LAB AAA
    硝化菌における増殖不均一性の評価と機構解明
    研究内容
    地球上の窒素循環を担う硝化菌は、難培養微生物であり、生理学的性質の知見は少ない。そこで、本研究では、難培養性のメカニズムを理解し、培養効率を上げることを目的とした。硝化菌は、遺伝的に等しい集団中でも細胞ごとの増殖速度にばらつきがあると考えた。個々の細胞ごとの増殖速度のばらつきを明らかにし、ばらつきを小さくすることで培養効率を上げることができれば、硝化菌の新しい知見を増やすことができる。
    研究室紹介
    幅広いレンジの研究テーマ
    私たちは、微生物や動物の細胞が単一または複合状態でどのような機能を果たすかについて分子生物学的手法を用いて詳細に解明し、それらの機能を引き出す応用技術の開発を進めています。研究テーマは、機能解析手法の開発から分子メカニズムの解明、そして応用技術の開発に至るまで幅広いレンジで設定し、医療・健康・食品・環境分野へ貢献することを常に念頭に置いた実学的研究を展開しています。
    ラボリーダーとして
    全体としての協力体制づくり
    研究室メンバー個人はそれぞれ独立した幅広いテーマで研究を進める一方で、研究室全体としての協力体制を強化していきたいです。テーマごとの慣習を受け継ぐだけでなく、全体としての快適な研究室環境をつくります。そのために、不便なことを見つけたらだれでも発信しやすく、皆で協力して改善できる体制づくりに努めます。整った環境で研究に打ち込むことのできる研究室を目指します。
    自己PR
    新しいことに挑戦する
    研究を進めていると、自分が試したことのない実験系や異なる分野の知見が必要になることが出てきます。自分の知らない新しいことに挑戦すると、うまくいかずに苦労することや、諦めたくなることも多くあると思います。まわりに経験者がおらず頼れる人がいないこともあるかもしれません。それでも、挑戦を恐れずに、地道に試行錯誤し、新しい道を開拓していける研究者を目指していきたいです。
  • LAB AAA
    微小管を形成するシステムの解明
    研究内容
    微小管は代表的な細胞骨格の一つであり、細胞周期に応じてその形態が劇的に変化します。間期には微小管は細胞全体に張り巡らされ、分裂期に入ると染色体を分配するための紡錘体に変化します。染色体分配が正確に行われないとがん化や不妊症の原因となるため、微小管の形態は緻密に制御されています。私は「微小管の形状が切り替わる」システムを解明するために、特に新たな微小管が形成されるステップに着目して研究しています。
    研究室紹介
    細胞分裂のメカニズムに迫る
    佐藤研では酵母や培養細胞を用いて細胞分裂のメカニズムを研究しています。細胞分裂がうまくいかず染色体分配に異常が生じると、異数体の出現や細胞の癌化につながる可能性があります。私たちは細胞分裂に重要な役割を果たす微小管に特に注目し、その機能とメカニズムを研究しています。私たちは分裂期のメカニズムを解明することで、染色体分配異常と関連した病気や症状の解明に重要な役割を果たせると考えています。
    ラボリーダーとして
    ディスカッションを積極的に
    佐藤研は各自が個別の研究テーマをもって実験を進めています。しかしながら、それは孤立してしまう、ということではありません。普段は各自の実験をもくもくと進めていますが、実験の合間にはお互いの実験結果について親身になって議論しあっています。この議論は様々な意見を受けて自分の結果を客観的に見つめ直すことができる、とても有意義なものです。私も学生間の議論を積極的に行うことで、お互いに高めあっていきたいです。
    自己PR
    夢を叶え、その先へ
    私が「研究者になりたい」と初めて思ったのは幼稚園生のときでした。そのときは「花の種子が芽吹き、綺麗な花を咲かせる仕組みを知りたい」という夢でした。今、扱っている生物やテーマは違えども、生物学の研究に携われていることをとても幸せに思っています。幼い頃の夢が叶った今、その現状に満足することなく、更なる高みを目指してこれからも頑張っていきたいです。